ゼロ磁場とは何か

ゼロ磁場とは、+と−の力が拮抗した状態を保っている場

そもそもゼロ磁場とはどのような場所なのでしょうか。 電気通信大学名誉教授・佐々木茂美先生は、著書『「みえないもの」を科学する』(サンマーク出版)の中で、次のように解説しています。

「ゼロ磁場というのは、N極とS極の磁気がお互いに打ち消しあいつつも磁力の高低の変動が大きく、全体的にはゼロに近くて磁気の低い状態を保っている場所のことをいいます」

初めての方には少し分かりにくいことかもしれないので、少し説明したいと思います。

image

地球は北極がS極、南極がN極の巨大な磁石だといえます。 この磁石の地表近くで左右から"+と−"の力が押し合い、互いの力を打ち消し合っている地点にゼロ磁場が生じると、佐々木先生は考えています。 つまり「ゼロ=何もない」ということではなく、大きなエネルギーがせめぎ合い、二つの力が拮抗して動かない状態ということ。 例えばここに一つのボールがあるとします。 ただ置いてあるだけなら速度はゼロですが、左右からボールを同じ力で押し合ったとしたら、速度がゼロであったとしても、性質は全く違ってくるということです。

image

"+と−"の力が押し合い、互いの力を打ち消し合っている地点にゼロ磁場が生じる −−このことは、冒頭に述べた「聖地とゼロ磁場の関連」を読み解く上で、大きなヒントになります。 実は、先にご紹介した長野県の分杭峠は、「中央構造線」と呼ばれる世界最大級の断層の上にあります。 地底で左右から巨大な断層同士が押し合うことで、そこがゼロ磁場になっていると考えられているのです。 拮抗する断層の均衡が、ちょうど良い地点が分杭峠なのでしょう。 そのような理論で考えると、ある疑問が自然に生じてきます。 中央構造線は本州から四国、九州を貫く巨大な断層ですが、そのように広範囲にわたるものであるなら、 "拮抗する+と−の力の均衡が、ちょうど良い地点"が他にもあるのではないか・・。 そんな思いに駆られて調べてみると、驚くべきことがわかってきました。 格式の高い神社仏閣や、修験道の聖地と呼ばれる場の多くが、先に述べた中央構造線沿いに設置されていたのです。

中央構造線沿いに集中する聖地

では、実際に中央構造線沿いにある聖地を、ここに列挙してみましょう。

  • 諏訪大社:国内にある最も古い神社の一つとして有名です。
  • 豊川稲荷:日本三大稲荷の一つともいわれている寺院です。
  • 伊勢神宮:全国約8万社の神社を包括する、神社本庁の本宗です。
  • 天河大弁財天社:日本三大弁財天の一つともいわれる神社です。
  • 高野山:弘法大師空海が修行の場として開いた聖地。金剛峰寺があります。
  • 石鎚山:山岳信仰(修験道)の山として知られる、日本七霊山の一つ。
  • 幣立神宮:高天原神話発祥の神宮といわれており、火の玉に乗って降臨されたという神漏岐命(かむろぎのみこと)・神漏美命(かむろみのみこと)などが祭られています。

ここでは主だったものを紹介しましたが、もちろんこの他にも中央構造線沿いには神社仏閣、聖地が数多く点在しています。 この事実は、私たちにいったい何を物語っているのでしょうか。

古来、人は鋭敏な感覚に基づいて、聖地を定めてきたと先に述べました。 実際にそのような場所で多いなる存在を見たり、感じたりしたからこそ、聖地として定めたということもあったでしょう。 そう考えると、聖地がゼロ磁場に集中しているというのはとても興味深い事実です。 逆にいえば、磁場がゼロになる条件が整った場所にこそ、大いなる存在や未知のエネルギーが現れるのだと、考えられはしないでしょうか。

日本は地球表面を動く四つの硬い岩盤(プレート)が接している地域だけに、先に紹介した中央構造線以外にも、断層が多い国として知られています。 一説によると、国内には2,000以上もの活断層が見つかっているといわれています(その数は流動的です)。 そのため地震が多い国ではありますが、そのぶん他の国に比べて「ゼロ磁場=聖地」が多い国であるということもできるでしょう。 日本は八百万の神々が住まう国であるといわれますが、ゼロ磁場が大いなる存在の現れる場だと考えると、それはとても暗示的なことだといえるのかもしれません。

ゼロ磁場と考えられる場所は、地球上にたくさんあると考えられています。近年では中国湖北省の蓮花山というところが有名になりました。 先に紹介した佐々木先生はこの蓮花山の地殻を科学計測したそうです。 そうしたところ、そこは地球上でも有数の断層付近にあることがわかったとのこと。 そして、「地磁気の変動が顕著であり、ゼロに近い低い磁場になっていること、地質学的に岩石の特殊性が観られることなど、普通の土地とは著しく違っていることがわかった」と語り、蓮花山付近は巨大なエネルギーが蓄積されたゼロ磁場になっていると、主張されています。 この蓮花山には中国の大学や研究所のチームが数多く訪れ、様々な計測を行ったといいます。 その結果、免疫力が高まる、物が腐らないなど、特殊な現象が生じていることが確認されたそうです。 今では保養所のような施設も作られ、そこには練功者(気功の訓練を受けた人)だけでも三百万人以上が訪れているといいます(佐々木茂美著『「みえないもの」を科学する』サンマーク出版より)。

また、19世紀のイギリスに生まれたアルフレッド・ワトキンスは、太古からの遺跡や塚、聖地といわれる場所を調べた結果、 一定の直線上に位置しているということを発見し、その直線を「レイライン」と名づけました。 ちなみにそのレイラインは、ダウジング※によって発見することができるといいます。 レイライン上に差し掛かると、手に持ったロッドが広がるというのです。 これは、レイラインが明らかに他の場所と異なるエネルギーを発していることの、証といえるのではないでしょうか。 やはり土地や場所は、それぞれ固有のエネルギーを放っているようです。

※ダウジング: 水脈や鉱脈など、主に地下に隠れたものを探す技術として発達した技術。 L字型のロッド(棒)を片手に一本ずつ持って歩くと、目的物の上に差し掛かった際に、ロッドが揺れて交差します(やり方、道具等は様々です)。

なぜゼロ磁場には特別な力が働くのか

神社仏閣の境内にいるように、何かに守られているような安心感で満たされる。 運気が上昇していくような高揚感がある。聖地に身をおいている時のように神妙な感覚が目覚めやすくなる。 人によって個人差があるため、感じ方に違いはありますが、ゼロ磁場にいることで、様々な効果を得られると考えられています。

では、ゼロ磁場でこのような効果が生じるのは、一体どうしてなのでしょう。 先にご紹介した電気通信大学・佐々木先生は、著書『「見えないもの」を科学する』(サンマーク出版)の中で、それに対して一つの仮説を立てられています。 その仮説とは、"ゼロ磁場は私たちが住む世界と、より高次元な世界との接点であり、そのような場所にはある種のエネルギーが生じている"というものです。

私たちは「縦・横・高さ」の三次元の世界に住んでいます。 そしてこれに「時間」を加えた四次元の世界の法則に則って生きていますが、これよりさらに高次元の世界があり、ゼロ磁場はそことのアクセスポイントになっていると、佐々木先生は語ります。 そしてゼロ磁場には、より高次元の世界からエネルギーが注がれていると、仮説を立てられているのです。 そのエネルギーこそ、ゼロ磁場を訪れる人を癒し、活力を与え、不思議な能力を目覚めさせる源泉である−−。これが佐々木先生の主張です。

この仮説は、古来、人が聖地で見た大いなる存在や、未知のエネルギーの謎を解く鍵になるかもしれません。

科学的な視点から研究されている「宇宙エネルギー」

先に紹介したゼロ磁場から生じるエネルギーを、佐々木先生は"宇宙エネルギー"と読んでいます。 それと同様のエネルギーは古くから世界各地でその存在が確認され、様々な呼ばれ方をしてきました。 中国や日本では「気」、インドでは「プラーナ」。またその他の地域でも、「マナ」「カー」「オレンダ」など、様々な呼称がついています。 見えないけれど、感じられる何か。生物や物に何らかの影響を与えるエネルギー。 科学では解明していないけれど、現象として生じている何か・・。 それらのエネルギーが引き起こす神秘的な現象は、時代や地域を超えて、様々な民族が実際に感じ取ってきたものです。 そのような神秘的な力に対して人々は畏敬の念を抱き、時には大いなる存在による奇跡として崇め、一部の人間はそれをコントロールしたいと、切に願ってきました。

元NASAの研究者も探究していた未知のエネルギー

image

佐々木先生が主張する宇宙エネルギーについて探究した人物は他にもいます。 その一人が、NASAの元宇宙飛行士であり、物理学者としてプリンストン大学教授などとしても活躍したブライアン・オレアリー氏です。

同氏は1967年にカルフォルニア大学バークレー校で天文学の博士号を取得し、地球科学や宇宙工学に関する論文(100以上)を発表。 1967年にNASAの研究者兼宇宙飛行士に指名されてアポロ計画にも携わり、1970年代のレーガン大統領時代には上院議会で何度か、NASAが実施する施策の優先順位について証言。 1975年には上院内務委員会でエネルギー問題特別顧問を務めたという経歴の持ち主です。

このように輝かしい経歴を持つオレアリー氏も、現在の科学ではまだ解明し切れていないエネルギーがあることを認めており、それを「フリーエネルギー」と呼んでいます。 フリーエネルギーは空間に存在しており、それを抽出、活用することで、石油や原子力エネルギーへの依存から脱却することができると彼は述べています。 そしてそのようなフリーエネルギーの活用により、私たちが抱える環境問題の大半が解決されるはずだと主張しているのです(『無の奇跡 フリーエネルギーと意識革命』中央アート出版社)。

オレアリー氏がいうフリーエネルギーも、広義では宇宙エネルギーと同じであり、ゼロ磁場から生じるエネルギーと同様のものであると考えられます。

ペンタゴンが注目したゼロ・ポイント・フィールド理論

量子物理学の領域でよく知られる用語で、「ゼロ・ポイント・フィールド」という言葉があるのをご存知でしょうか。 量子力学では全くの「無」である真空は存在せず、全空間から物質とエネルギーを取り除いた空間にさえ、原子内の水準でいうと活発な活動が行われているといいます。 そのような真空であるゼロ・ポイント・フィールドを「ゼロ」というのは、その場の変動が、考えうる最低のエネルギー状態であり、あらゆる物質が取り除かれた絶対ゼロでも、なお数値が検出できるから。 ゼロ・ポイント・エネルギーは、空間が最も空っぽの状態で、考えうる最低のエネルギー状態〜原子内物質の運動が限りなくゼロに近い状態〜の時に存在するエネルギーなのです。

その際のエネルギー変動は小さいものですが、宇宙空間に存在する全ての粒子の活動を計算すると、ほとんど無尽蔵のエネルギーが存在するといわれています。 物理学者であるリチャード・ファインマン氏がそのエネルギーの量を例えて、 「一立方メートルの空間に含まれるエネルギーが、世界のすべての海の水を沸騰させるに足る」 と主張するほど、莫大な量のエネルギーだと考えられているのです。

物理学者のハロルド・パソフ博士は、そのようなエネルギーを、無限のエネルギー源として利用することが可能だと考えています。 1980年代のある期間にペンタゴン(アメリカ合衆国国防総省)は、パソフ氏が研究を進めていたゼロ・ポイント・エネルギー理論に基づく蓄電技術を 「国家的重要課題リスト」の三番目に位置づけていたという事実もあるのです。 ちなみにこれよりも上位にあったのは、ステルス爆撃機と光コンピューティングだけだったといいます(リン・マクタガード著『フィールド 響き合う生命・意識・宇宙』株式会社インターシフトより)。

image

様々な角度から探究され続けてきた、未知なるエネルギー。今後さらに解明が進むことで、様々な分野で有効活用されることが期待されています。

そのような未来のエネルギーを生じさせる装置として、今回初めて製品化されたのが「インライトメント36」です。 周囲をゼロ磁場にすることでエネルギーを発生させる、"気のエネルギー発生装置"として、10年以上の歳月をかけて開発されました。

インライトメント36のテクノロジー

このページの上部へ